8月12日(Leg7)

ナコーンラチャシマ ⇒ パタヤ 365.4Km
SS10 51.7Km
AMARI ORCHID RESORT 泊





昨日からの異音はトランスファーのようだ。しかし修理は不可能。
残すは本日のみなのでそのままスタートとなる。
まずは228.4Kmのリエゾン
途中でオルタネーター(発電機)が壊れていることに気付く。
昨日の出火で壊れてしまったようだ。
電力を出来るだけ使わないように走るが、その甲斐虚しくリエゾンの途中でエンジンがストップ。
後続のニッサンラリーチームにバッテリーを取り替えてもらいSS10のスタート地点に向かった。



<SS10>

SS10は51.7Km
昨日、リアのショックマウントが一つ破損したので今日はずいぶん不安定。
反対側のショックを1つ外さなかったのが不正解。かなりおかしな挙動だ。
このSSでは燃料ポンプの調子が悪く、途中でエンスト。
バッテリーの電圧も低くセルが回らない。押しがけでエンジンを始動し再スタート。
残り10Kmでは更に不調となりエンジンが噴けない。
今度は燃料ポンプの故障のようだ。

ボロボロになったアポロ13号を操縦している様な気分。騙しながらなんとかSS10を走りきる。








<ゴール>

最後は完全にエンジンがかからなくなり、牽引してもらってのゴール。
本音は10位を狙ってましたが・・・。
でも自分達に拍手です!

2日目のフロント足回り破損。
4日目のクラッチ、トリップメーター故障。
5日目のブレーキホース破裂。
6日目の電気系からの出火、トランスファー故障、リアショック破損。
7日目のオルタネーター、燃料ポンプ故障。
レース期間中に計4本のタイヤバースト。

チームINNOさん、三菱ラリーアート、ニッサン、いすゞ等いろいろなチームに助けられてのゴール。
本当にありがとう!!

また来年お会いしましょう。

2005年アジアクロスカントリーラリー出走44台中 総合19位(T2Gクラス3位)













参戦車両へ




Asia Cross Country Rally 2005 Top Page へ戻る