8月11日(Leg6)

スコータイ ⇒ ナコーンラチャシマ 659.2Km
SS8 67.4Km
SS9 111.5Km
JULDIS KYAOYAI HOTEL 泊





タイヤをすでに3本バーストさせてしまった為、探していたところ
三菱ラリーアートチームが4本譲ってくれた。
感謝! まずは284.8Kmの長いリエゾンである。



<SS8>

SS8は67.4Km
高速のダートコース。
今日は朝からガガガガガガガガ・・・・・・・と異音が凄い。
走りにはさほど影響なくそろそろいい成績を取りたいところ。
ここぞとばかりにアクセルを踏んで前車をパスしていく!
今回の中で最高にいい走りができた。本当に気持ちいい!
結果、成績も最高!ピース!









一番見てほしいSS8のリザルト

祝 SS8 ステージ総合3位!





<SS9>

111.5KmのSS9
こちらも同様に中ー高速コース。
岩が多く20Km地点で主催者の思惑通りにタイヤを岩にヒットさせまたもやバーストさせてしまう。
すぐさま交換して再スタート。激しく追い上げ前車数台をパス。
ゴール手前10Kmでエンジン不調と思いきやエンジンルーム、車内から出火!
サーキットブレーカーの配線が振動で切れてショートしたようだ。
被覆がドロドロに融けて車内は煙だらけだ。
後続のTeam INNOに牽引してもらいゴール。感謝。

SS9のスタート前












SS9総合28位(+ペナルティー60分)





配線修理後リエゾンを走りホテルに向かう。

Leg6までの結果 総合19位





8月12日(Leg7)へ




Asia Cross Country Rally 2005 Top Page へ戻る