Team Nick's Pajero 04


準備




ラリーを分かり易く言うと、”ホノルルマラソン”かな!?
当然1位を狙う人もいるだろうし、完走を目指す人もいる。
長い距離を走るといろいろな事が起こる。
体力が尽きたり故障したりと。。
頑張って完走した人のみが喜びを知ることができるのである。

昨年は荷物やスペアパーツを他チームのトラックに載せてもらったが、
”今回は我々の力だけでできるだけの事をする”という目標で走る事とした。


<4ヶ月前>

昨年の車両をタイにてリペア。 ドア、フェンダーが交換されて潰れた屋根も板金修理。



<3ヶ月前>

内外装共に白で全塗装。なんかジムニーそっくりです。



<2ヶ月前>

ほとんど直っています。
この工場ではアジアンラリーに参戦するラリーカーが数台造られていました。




タイへ出発の3日前、個人参加した人の意見を聞く為に神戸の木下さんに電話をしてみた。
”ナビの到着がスタートの日なので不安だから来てほしい”と言ったらなんとタイまで来てくれた!
なんと素晴らしいフットワークなのだろう。。。


<スタート2日前>

朝一番に木下さんと修理工場(通称:ジョーさんショップ)まで僕のパジェロを取りに行った。
思った以上に綺麗に出来上がっており満足。満足。
ウインチの電源や、シュノーケルの接続部など気になるところの補修をしてもらった。




ホテルまで戻る途中、警察に捕る。黄色信号だったらしく罰金1000バーツとの事。
言葉がわからないとかお金がないと言ってごまかすがなかなか許してもらえない。
財布に200バーツ位しか入っていない事に気付き財布の中身を見せると中のお金を鷲掴みにして”行け!”だって。。凄すぎる!

午後から荷物の整理、追加の部品装着、ステッカー貼りを行う。
ステッカーを貼るのに中性洗剤がなかったのでボディーシャンプーを薄めてみた。ダメである。用意はきちんとしないと!
スペアーパーツやレスキュー用品を厳選したり、衣類等も必要最低限としたが車がショートなので満載である。

夜は木下さんのタイの友達と一緒に海鮮料理屋に連れて行ってもらった。小泉首相も来たようで入り口に写真が飾ってあった。
タイには辛いものしかないと思っていたら美味しい料理もあるんですね。。。



スタートへ




Asia Cross Country Rally 2004 Top Page へ戻る