Team Nick's Pajero 04


車検 - スタート





<スタート1日前、車検1日目(8月6日)>
バンコク

昨日のタイ人に地元のタイヤショップに連れて行ってもらう。
タイヤ交換とアライメント調整をしてもらう為です。作業終了後、料金を聞いてみると社長が友達のようでタダとの事。ラッキー!

そのまま今度はオートバックスへ。レースの車検を受ける為だ。



しかしここで事件発生。車検に落ちた。リヤゲートのボンピンが2つないといけないという単純なミス。
すぐさまジョーさんショップへ行き取り付けてもらう。助かった。

木下さんは今日帰国との事で空港まで送った。ホテルまでの帰りは初めての一人運転。いきなり道を間違えて1時間も迷子になった。



<車検2日目、LEG1(8月7日)>
バンコク - ペッチャブン 480キロ

午前中、車検を受けに再びオートバックスに行った。今度は問題なく合格!
ホテルに帰るとナビも来ていて一安心。

午後からブリーフィングでコースはドロドロなのでお互い助け合うように強調していた。
今思えばこの時泥をナメていてあんなに泥に苦しめられようとはこの時思ってもみなかったのである。

午後3時、コンボイでスタート会場まで移動する。今回のナビは初めてなのでこのコースで練習を兼ねた。


今年度は45台の競技車両とサービスやメディアの車両、スタッフの車でかなりの大所帯です。


スタートを待つ車両


室内。


大会ディレクターの笹さん


午後7時、いよいよ待ちに待ったスタート。気持ちも高まりスタート台へ。
沢山の人の中、スタート台の立つのは本当に気持ちいいものです。”行って来まーす”


その後は480キロのリエゾンです。結構辛いです。
ホテルに着いてすぐに寝る事とする。



レース前半へ




Asia Cross Country Rally 2004 Top Page へ戻る